本文へスキップ

Help Your Imagination!

第1章  健康について






   仏教の悟りとは 副交感神経の活性化の完成であった!!
   お釈迦様の悟りの話を始める前に、交感神経と副交感神経の定義
   (皆さん百も承知でしょうが)を致します。
   自律神経には交感神経と副交感神経があり、
   交感神経は、心と体を「がんばるモード」にシフトする神経で、別名戦闘モード神経と呼びます。
   交感神経は、仕事で緊張したときや、身の危険を感じた時、闘争するときなど、
   生命の危機が生じたときなどの’’ここぞ’’というときに働きます。
   交感神経が働くと、心拍数や血圧をあげ、呼吸を速くし、
   血管を収縮させて、心と体を戦闘態勢にします。
   一方の副交感神経は、心と体を「リラックスモード」にシフトする神経です。
   副交感神経は、ゆっくり休めるように、心拍数や血圧をさげ、呼吸をゆったりさせ、血管を拡張させ、
   心と体を落ち着かせようと働くわけです。
   話を仏教の悟りに戻します。
   お釈迦様は若い時、「生老病死」の悩みを解決すべく、出家を決意し、修行をするのですが、
   苦行では悟りを得ることができず、菩提樹の下での瞑想坐禅にて悟りを啓きました。
   人類は古代より、死への恐れ、疫病への恐れ不安、戦争での緊張、老化への嘆き等々、
   常に恐怖・不安・に苛まれていました。
   つまり、交感神経が働く瞬間を何とか忘れる・逃れる方法はないか・・・
   ということを強く願ったわけです。
   お釈迦様は、その生老病死の不安・恐れ(つまりは交感神経)を解決するために、
   最初はあらゆる苦行をしましたが、それは換言すれば「交感神経をさらに鍛える」
   という方向性と言えましょう。
   苦行を重ねた結果、確かに交感神経は鍛えられ、
   ちょっとやそっとの困難は乗り越えられましたが・・・
   お釈迦様も「安寧」は得られませんでした。
   で・・・ 最終的な悟りは、菩提樹の下での坐禅瞑想にて得られました。
   換言すれば、副交感神経の完全育成の成功です。
   現代医学(自律神経学)では、副交感神経は、人体では2か所が大きく影響するそうです。
   一つ目は、仙骨神経叢。つまりは、丹田から仙骨にかけてです。
   坐禅の結跏趺坐は丹田と仙骨を刺激します。
   もう一つは 頸神経叢です。首の裏側から肩にかけてです。
   坐禅では、頭と首と脊椎と腰椎が、一直線になることを要求しますが、
   それは頸神経叢の副交感神経を、最大限に育てるということになります。
   その重要な2か所を意識しながら、坐禅にては「数息観」を含めた、
   腹式呼吸による呼吸のコントロールを要求します。
   つまりは、副交感神経を最大限働かすために、自律神経+体性神経が両方機能する、
   唯一の行為「呼吸」を、意図的にゆっくりすることにより、副交感神経を活性化するわけです。
   お釈迦様の悟りは、まさに、苦行(交感神経を鍛える)でなく、
   坐禅(副交感神経を活性化する)により、達せられたわけです。

   2017年10月5日